{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

【赤】クロズリー・デ・リ ピノノワール

残り2点

2,640円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

※夏季(9月末まで)はクール便代が加算されます※ ハンディショップ赤ワイン一番人気! 初心者や赤ワイン苦手な方にお勧め! 産地 : ペイドック 品種 : ピノノワール100% 熟成 : バリック(50%)ステンレスタンク(50%)5ヶ月 アルコール度数 : 13% リムーのオート・ヴァレ地区の粘土石灰土壌と標高500m という高地の涼しい気候により、南仏でありながら ブルゴーニュを思わせるピノの美しさが活きる。 ブラックチェリーのフルーティさに黒いスパイスの仄かな香り。 たっぷりと詰まった旨味やエキスに魅了される芳醇なピノノワール。 生産者情報 アルトニャック 低位価格で美味しい正統派ピノとシャルドネを探すならリムー。 ブルゴーニュ出身の生産者が造りあげたブルゴーニュクオリティ。 ラングドックで初めて植えられたアロマティックなクローンの シャルドネから造られるリムーはコートドールに匹敵。 ブルゴーニュに代々続く葡萄栽培農家出身であり、1986年に マコネでドメーヌ・デ・ドゥー・ロッシュを共同で立ち上げたジャン・リュック・テリエとクリスチャン・コロヴレイは故郷でワイン造りに情熱を注ぐ一方、ブルゴーニュの外にもシャルドネとピノノワールの可能性を模索していた。 新たなテロワールを求める中、彼らがたどり着いたのは、南仏のシャルドネの聖地と名高いリムーのアルトニャック。 カルカッソンヌから南に約50km、リムーの中でも最も標高が 高く周囲の生産エリアよりも冷涼なオート・ヴァレ地区に 構えるこのシャトーには、1970年代にラングドックで初めて 植樹されたシャルドネやピノノワールの畑が現存している。 当時のシャトーの所有者が元詰め生産者団体の設立者だった ため、一部の作り手が彼に倣ってこれらの品種を南仏で 栽培する様になったという、いわば『シャルドネの始まりの地』 である。1997年にシャトーを購入した当時、畑やセラーは 荒れ放題だったが、ジャン・リュックとクリスチャンが 3年がかりでワイン造りの環境を整えた。 97haの所有畑では14種流もの品種を栽培しているが、彼らが 特に目をかけているのがこの古いシャルドネの畑だ。 ピレネー山脈を望む海抜400mの南斜面はオート・ヴァレに 典型的な粘土石灰土壌。 最も古い樹は、奇しくも彼らの出身地マコネからもたらされた クローンで、シャルドネミュスクの別名を持つ通り完熟すると ミュスカの様な芳香を放つ。 オート・ヴァレでも標高の高いこの地では山の影響を受けた 地中海性気候により、12〜30度という昼夜の寒暖差ができる ことから葡萄の成熟期間が長くなり、理想的な糖度、酸度が 育まれるだけでなく、このクローンの特性も最大限引き出される。 栽培は限りなくビオロジックで行い、土壌流出防止も兼ねて 畑には自然の緑を残している。また、若樹のクオリティを 確かなものにするため、独自の苗木場で培養した苗木を用いて 植樹し、植樹密度も最大7000本/haまで高くしている。 醸造においては、ブドウのリフレッシュさを保つために 気温の低い早朝に収穫を行い、自然酵母での発酵では温度を 20度以下に抑えている。 初ヴィンテージの2000年で、既にベターヌ&ドゥソーヴの 目に留まり、「極上のシャルドネ」と絶賛を受けた。 また、ワインアドヴォケイト誌においても「並外れた成功作」と 高く評価されているが、彼らは「これまで少しづつこの地に 最適な手法を学んできた。 今後も改良を重ねて、できるだけテロワールを近くに感じられる ワインを造りたい」と、謙虚な姿勢を崩さない。 尚、栽培はクリスチャン、醸造はジャン・リュックと ラングドック出身のエノゴロ、ダヴィットセロデスが担当している。

セール中のアイテム